TOP  Index  Search  Changes  RSS  Login

データ更新

データ更新の確認

更新チェック

ACFinder は起動時に農薬登録情報ダウンロードサイトにアクセスし更新データの有無を確認します。
更新があれば、データ更新を実行する旨のダイアログが出ますので、OKボタンを押すと、自動で更新を実行します。 更新チェック時にDBフォルダに更新確認用のファイルを保存します。 ダウンロード先が薬検Excelデータの場合は update.htm 、薬検CSVデータの場合は update2.htm 、携帯農薬検索実験室CSVデータの場合は update.txt というファイルを保存します。
インターネットに接続できない環境でも、検索機能には支障ありませんが、環境によっては起動に時間がかかる場合があるので、その際はオフラインモードにしてください。オフラインモードにするには、メニューからファイル(F)->オフライン作業(W)を選択します。

共有フォルダからデータベース更新を確認する

同じ職場の中で、どれか1台のパソコンでデータ更新を行い、他のクライアントは、このパソコンのデータベースをチェックし、更新があればデータベースファイル(acis.db)をコピーすることができます。

メニューから設定>基本設定>接続タブを選択します。
「LAN内の共有フォルダからデータベースファイルをコピーする」をチェックし、共有フォルダ名を設定します。
この場合は、起動のたびに共有フォルダとローカルデータの比較を行います。

農薬検査所サーバの負荷軽減のため、複数のパソコンでACFinderを使う場合には、できるだけこの方法で更新を実行してください。

データ更新専用起動オプション

U オプションを付けて起動すると、データ更新のみを実行します。

acfinder.exe /u

データ更新ダイアログ

手動更新

何らかの原因で自動更新に失敗する場合があります。現在のところ、更新途中に古いデータベースファイル(acis.db)の削除に失敗する、SQL logic error or missing database エラーが出てストップするという症状が確認されています。
これらのエラーが発生した場合は正常にデータベース更新ができていません。その場合は手動更新を行ってください。

  • 手動更新の手順
    • ツールバーのデータ更新ボタンを押して、データ更新ダイアログを出す。
    • データ更新ダイアログの手動更新ボタンを押して手動更新機能を有効にする。
    • データベース更新実行ボタンを押す

データ更新ダイアログ

Last modified:2017/04/29 15:12:24
Keyword(s):
References:[SideMenu]